切手植物園(Home)    国名一覧表    科名一覧表    和名一覧表    Country Name Index    Family Name Index

ユリ科 Liliaceae

Page 1   Page 2

 常緑、落葉の多年生草本から木本まで、さまざまな生活形態を持つ。近年研究者によりその分類体系が最も揺れ動いているグループのひとつ。当サイトではクロンキスト分類体系に準拠しているため、例えばヒガンバナ科やキンバイザサ科もユリ科に含む。

 Lilium ユリ属
 約100種が北半球の温帯を中心に、亜熱帯から亜寒帯にまで分布する。鱗茎を有する多年草。属名の Lilium はマドンナ・リリーをさすラテン古名に由来し、ケルト語で「白い li 」と「花 lium 」を意味する。

リリウム・ブルビフェルム Lilium bulbiferum リリウム・ブルビフェルム
Lilium bulbiferum

 ヨーロッパ中央部の固有種。アルプス・チロル地方に多い。エゾスカシユリ L. maculatum subsp. dauricum に非常によく似ている。葉腋(ようえき)に珠芽(しゅが)をつけるものもある。
1966年 オーストリア

リリウム・カナデンセ リリウム・カナデンセ
Lilium canadense
 カナダのケベック州から米国ウェストヴァージニア州までの広い地域に分布。花色は黄橙色から黄色。花形は鐘状でうつむいて咲く。プセウドリリウム節。種小名は「カナダ産の」の意。
1977年 カナダ

マドンナ・リリー Lilium candidum マドンナ・リリー(ニワシロユリ)
Lilium candidum

英名:Madonna Lily, Annunciation Lily, Lent Lily, White Garden Lily
 地中海沿岸から西アジア地域に分布。花は純白で横向きに咲き、花被片の先端は強く反り返る。
 ヨーロッパではもっとも古くから観賞用にされていたユリ。また歩兵の魚の目の治療に使われたため、ローマ軍の移動とともにヨーロッパ全土に広まったという。
 19世紀に日本のテッポウユリが導入されるまで、キリスト教の聖花として使われた。
1964年 カナダ

チョウセンクルマユリ Lilium distichum チョウセンクルマユリ
Lilium distichum
中国名:
 中国東北部から朝鮮半島にかけて分布。クルマユリに似る。草丈約1m。花は下向きまたは横向きに開花し、直径は約7.5cmでクルマユリよりやや大きい。鱗茎は広卵形。
2003年 中国

リリウム・ヘルドレイチイ Lilium heldreichii リリウム・ヘルドレイチイ
Lilium heldreichii
1978年 ギリシャ

リリウム・ランコンゲンセ Lilium lankongense リリウム・ランコンゲンセ
Lilium lankongense
中国名:匍茎百合
 雲南省北西部からチベット南東部、標高1800〜3200mの草原に分布。高さ50cm〜150cm。
2003年 中国

テッポウユリ Lilium longiflorum テッポウユリ
Lilium longiflorum
別名:タメトモユリ=為朝百合、リュウキュウユリ=琉球百合、イネラ(東京・八丈島など)
英名:White Trumpet Lily, Easter Lily
 奄美、沖縄諸島などの海岸に自生。高さ50〜100cm。初夏、芳香のある純白花を横向きにつける。花は長さ約15cmの漏斗状。花被は6片。和名は花の形が昔の鉄砲(ラッパ銃?)に似ることによる。欧米諸国では19世紀以降、それまでのマドンナ・リリーにとって代わり、復活祭やクリスマスに欠かせない花となった。
種小名は「長い花」の意。花言葉は乙女の純潔。
1948年 琉球

リリウム・ロフォフォルム Lilium lophophorum リリウム・ロフォフォルム
Lilium lophophorum
中国名:尖被百合
 中国南西部からチベットにかけて分布し、高山の草原に生育する。高さ約5cm〜15cm。花期6〜7月。花の直径約5cm弱。開花後も花被片の先端がくっついたままになっている。
2003年 中国

マルタゴン・リリー Lilium martagon マルタゴン・リリー
Lilium martagon
 ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布。高さ1m以上。葉は倒披針形(とうひしんけい)で輪生する。直径5〜6cmの濃桃紫色または淡桃紫色の花を下向きにつける。変異が多い。
1966年 オーストリア

ユリの1種 Lilium philadelphicum リリウム・フィラデルフィクム・アンディヌム
Lilium philadelphicum var. andinum
The Western Red Lilly, Prairie Lily
1966年 カナダ

リリウム・タリエンセ Lilium taliense リリウム・タリエンセ
Lilium taliense
中国名:大理百合
 チベットから中国南西部に分布。高さ70cm〜150cm。強い芳香がある。花弁の小豆色の斑点が特徴。
2003年 中国

 Narcissus スイセン属 (Narcissus, Daffodil)
 一般的な分類法ではスイセン属はヒガンバナ科に入るが、クロンキスト分類体系ではユリ科となる。
 ヨーロッパ西部と南部、アフリカ北部、地中海地域に50〜60種が分布。属名のナルキッススは、ギリシャ語で「麻痺させる」という意味の「ナルケ」に由来するという。また、ギリシャ神話によると、美少年ナルキッソスは多くの娘に言い寄られたが、ことごとく拒絶した。そこで復讐の女神ネメシスがナルキッソスを、水に映った自分の姿に恋するよう仕向け、ついに彼は自分の姿に恋いこがれて水死してしまったという。そのあとに咲いた一輪の花がスイセンで、花をやや下に傾けている姿は、水面をのぞきこむナルキッソスの面影を伝えているという。
 西洋文学に登場する花の中でもっとも古い歴史を持ったもののひとつ。

クチベニズイセン
Narcissus poeticus
英名:Poet's Narcissus
 花被片は純白。福花冠は淡黄色で縁が赤い。ピレネー山脈からギリシャにかけての山間の谷に生育。甘い香りがする。
 ギリシャ神話のナルキッソスの物語に登場するスイセンは、この花だという。
 花言葉は「自己愛」。
クチベニズイセン Narcissus poeticus クチベニズイセン Narcissus poeticus
1966年 アンドラ(スペイン郵政) 1946年 スイス

ラッパズイセン Narcissus pseudonarcissus ラッパズイセン
Narcissus pseudonarcissus
英名:Daffodil, Common Daffodil, Lent Lily, English Wind Daffodil, Trumpet Daffodil
 花被片はクリーム色、白、淡黄色。福花冠は濃い黄色。縁は少し広がり、やや不規則な切れ込みがある。西ヨーロッパからイギリスに分布。ラッパズイセン系の多くの園芸品種の原種であり、多くのヨーロッパ人は、このラッパズイセンを典型的な野生のスイセンであると考えている。
1966年 アンドラ(スペイン郵政)

Narcissus tazetta フサザキスイセン(ナルキッスス・タゼッタ)
Narcissus tazetta
英名:Polyanthus Narcissus
 地中海沿岸地域に広く分布する。副花冠の長さは、花被片の1/3以下。日本に野生化しているニホンズイセン N. tazetta var. chinensis はフサザキスイセンの1変種。
1959年 イスラエル


 Pancratium パンクラチウム属
 ヒメノカリス属とよく似ている、というかヒメノカリスそのもののように見えますが、こちらでは一応別属として扱いました。しかし、パンクラチウム属をヒメノカリス属の異名とする場合もあるようで、詳細はよくわかりません。

パンクラチウム・アレニコルム Pancratium arenicolum パンクラチウム・アレニコルム
Pancratium arenicolum

1980年 キューバ


 Paradisea パラディセア属

パラディセア・リリアストゥルム Paradisea liliastrum パラディセア・リリアストゥルム
Paradisea liliastrum
 イベリア半島、スイス、オーストリア、イタリアなどの山地の草原や岩場に見られる球根植物。高さ20〜50cm。花に芳香がある。
1948年 スイス


 Scadoxus スカドクスス属
 熱帯アフリカに数種が分布。ハエマントゥス属 Haemanthus に近縁。

Scadoxus puniceus スカドクスス・プニケウス
Scadoxus puniceus
英名:Paintbrush lily, Snake lily
 南アフリカからエチオピアにかけて自生。高さ20〜60cmの花茎の先端に、直径3〜10cmの円錐形の花序をつける。地下に直径最大約10cmの、根茎と鱗茎の中間的な貯蔵器官をもつ。また果実は直径約1cmの液果で、赤く熟し鳥などによって食べられる。
2000年 南アフリカ


 Scilla ツルボ属
 球根(鱗茎)植物。ヨーロッパ、アフリカ、アジアに約100種が分布。

Hyachinthoides non-scripta スキラ・ノンスクリプタ
Scilla non-scripta (Syn. Hyachinthoides non-scripta
英名:Bluebell
 ツルボ属ではふつう花の苞葉は1枚、鱗茎は多くの鱗片葉からなるが、この種では苞葉は2枚あり、鱗茎は1枚の鱗片からなる。このためこの植物をツルボ属ではなく、ヒアキントイデス属 Hyachinthoides とする見解もある。
2003年 ジャージー


 Trillium エンレイソウ属
 東アジアと北アメリカに46種が知られる。属名は「延齢草」の意であるが、その由来は明らかではないという。いくつかの種では根茎を胃腸薬として用い、また果実は甘く食べられる